融資基本方針(クレジットポリシー)


 当組合は、医業域信用組合として、相互扶助の精神を基本に、医業経営のアシスタントとなり、ひいては地域医療の発展に寄与することを経営理念としています。この実現のため、健全性を向上させ、良質な金融サービスの提供に努めます。

1.融資の対象
  富山県医師信用組合の組合員で、開業医や勤務医の先生方等を対象とします。

2.自己責任
  自己責任原則に基づくリスク管理は金融機関としての基本であり、全ての融資に信
 用リスクが存在することを認識し、自己責任において融資業務の健全性と適切性を確
 保します。

3.コンプライアンス
  融資業務を遂行するに際しては、各種法令を遵守し、社会的規範にもとることのな
 いよう、常に誠実かつ公正に行動します。

4.健全な融資慣行の確立
  融資は、融資先の経営状況、資金使途、回収可能性等を、総合的に判断して行うも
 のであり、事業からのキャッシュフローを重視し、担保・保証に過度に依存しない融
 資、また、経営者以外の第三者の個人連帯保証を求めないことを原則とする融資慣行
 の確立に努めます。

5.適切な融資慣行の確立
  当組合は、経営者保証に関するガイドライン研究会(平成25年12月5日公表)が公
 表した「経営者保証に関するガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)を
 自発的に尊重し、遵守します。
  今後、お客さまと保証契約を締結する場合、また、保証人のお客さまが本ガイドラ
 インに則した保証債務の整理を申し立てられた場合は、本ガイドラインに基づき誠実
 に対応し、お客さまとの継続的かつ良好な信頼関係の構築・強化に努めてまいります。

6.説明責任
  融資に関する顧客への説明については、ルールを明確化し、的確な説明のできる態
 勢を整備して、説明責任に十分留意した営業活動を行います。

7.ポートフォリオ管理
  貸出資産のポートフォリオ管理を的確に実施し、与信集中による信用リスクのコン
 トロールに努めます。

8.適正な収益の確保
  一時的な成果にとらわれることなく、長期的な視野で判断して、資産を安全に運用
 し、適正な収益を確保します。


9.資産の健全化
  融資先の実態把握により適切な自己査定を実施し、資産の健全性の維持・向上を図
 ります。

以 上


お問い合わせはこちら